要望に対する市の回答がありました 11月24日

 10月14日に市に提出した要望書(→こちら)に対する回答が返ってきました。

 

 「(食材の)測定機器の購入につきましては、今後の推移を見守りながら慎重に考えてまいります。」「市立保育所および市立小中学校で使用する主な食材に」ついて行った「放射性物質の検査」は「サンプル調査として十分なものになると考えており~私立保育園におきましても、今回の検査結果を参考にしていただく」など、22日に議会に提出した陳情との関係では、ハードルの高い内容になっています。

 

 一方、「現在実施しております校庭・園庭などの中心部、及び砂場、滑り台下の測定と併せまして、雨樋下、道路等につきましても測定を実施し、更なる安全確認につとめてまいりたい」「高い放射線量が計測される箇所が発見された場合には、市の関係部署までご報告いただき、市が再調査を実施し、高い放射線量が計測された場合には、『立ち入り禁止』、『除染』の措置を実施する必要があると考えております」など、従来より踏み込んだ対策についての言及もあります。

 

 以下、回答書全文の画像をごらんいただき、ぜひ、ご意見・ご感想を[採択の声 掲示板]にお寄せください。多くのみなさんのコメントをお待ちしています。